スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

グレープシード3に

グレープシード3が届いた。

1,2とテーマカラーがあり、
「次は何色かな?」とあてっこ。
みーが
「・・・だ!」(まだの人のためにお楽しみ)

「お父さんは、緑だと思うよ。」

「お母さんは、茶色かな?」

封を開けると、みー、みごとに正解。

「おい、知ってたな?」

どうやら、ホームスクールの友達から情報がリークされていたようだ。(機密情報だぞ!!)
ユーチューブには、リークしませんが・・・

さっそく、DVDとCDを通しで。

内容は、かなり難しくなってきた。しかし、みーは、まったく抵抗なく聞いている。(すごい!!)

というよりも、次にどんな展開になるのか、わくわくしながら、聞いていた。

中学卒業まで、続けるつもり。どれくらい話せるようになるか、楽しみだ。

大使も、ずーと一緒に見たり聞いたりしている。まだ、2才なので無理かと思っていたが、ちゃんと受講したほうがいいかな?
スポンサーサイト
子供 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/11/30 14:05

冬モードに

ブログ、冬モードに。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/11/28 00:02

散歩

今日は、みーのパスポートを申請に行く予定だったが、戸籍取り忘れていて、来週。

で、ロイの検診の後、散歩

20101127_2025.jpg

オリーブ動物病院でhttp://www.olive-ah.com/

20101127_2026.jpg

府中の森公園で、「わ、犬だらけだ。」
それもコーギーが3匹も。

20101127_2022.jpg

記念撮影。みー、何食べてるんだ???

20101127_2023.jpg

ロイと競争。

20101127_2024.jpg

大使も挑戦。でも、かなり怖がっていた。(涙)

今日は、久しぶりにのんびり。
子供 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/11/27 23:40

35年前、我が家に起こった大きな奇跡。

EHC(たねまき)に投稿



「みんな、起きろー!!」
「お願い、後1分寝かして~。」

3人息子と1人娘、そして犬のコーギー。
朝食の後、家族が集まり礼拝から一日が始まる。
ドタバタだが、神さまにあってとても楽しい毎日だ。

妻とは、17年前YWAM(アメリカの宣教団体)の宣教大学で知り合い翌年結婚。
「いつかは、世界宣教に出かけたいね。」「子どもたちが、これから神さまにどのように用いられるのか楽しみだ。」と毎日のように話している。
仕事は、サラリーマンを経験した後、兄と、世田谷にオフィスを構え、学習塾、英会話教室、ソフト開発、ホームページ作成からレストラン、お弁当作りなど多くのクリスチャンの方と協力しながら進めてきた。会社のビジョンは、クリスチャンのコミュニティーを作る。協力して全世界に福音を届ける。そんな思いでアーク・ビレッジと命名。

私は、中学2年生までクリスチャン、聖書、教会などまったく知らずにいた。3人男兄弟の末っ子に生まれ、甘やかされ育てられた。父は、会社中心の生活で家にはほとんどいない。家にいるときは、疲れきって寝ている。母は、そんな父に不平不満ばかり。長男は、両親の期待を一身に受け高校までは優等生として頑張っていたが、いよいよ受験という時に、引きこもりに(当時そのような言葉はなかったが。) 次男は、そのような父と母、また兄を見て「人生の意味」について真剣に考え、祖母の死によって「死」とは何かなど本気で悩み、その答えを探すために様々な宗教書を読みあさっていた。
で、私だが、「一度の人生、大いに楽しもう。面白おかしく生きる、苦労はいやだ、楽しいことなら何でもやろう。」と刹那的に毎日を過ごしていた。その結果、多くの間違いを犯し、人を傷つけ(特に母親)、学校では札付きの悪に。授業ができないように、黒板を外し隠したり、友達をロッカーの中に閉じ込め何時間もそのままにしていたり、・・・(汗)
家の中から笑い声が消えていた。お互い無関心になり、それぞれが勝手な道を歩き始めていた。一見、何不自由なく暮らしているようだったが、生きる目的もなく、暗闇の中に引きずり込まれていくようだった。

我が家に大きな奇跡が起きた。中学2年生の夏休み、家のチャイムがなった。笑顔の青年の顔を今でも印象的に覚えている。彼から手渡された一枚のトラクトにより我が家に一筋の光が差し込んだ。そのトラクトに飛びついたのが次男だ。EHCの聖書通信講座をすぐにはじめた。どういうわけか、私も共に受講していた。
「今日、救いがこの家に来ました。」その年、クリスマス会の案内が教会から届いた。

それから、1年のうちに我が家は、全員クリスチャンに。

父は、会社で聖書から話をし、兄は会う人ごとに福音の素晴らしさを説き、母は、手当たり次第教会に人々を誘い、そして札付きの悪の私も改心し無事に高校に進学できた。
たった一枚のトラクトから我が家に奇跡が始まり、数年の間に親戚、友人、知人など40名近い人が洗礼を受けていた。

後から聞いた話だが、当時、教会ではEHCと協力して府中全家庭にトラクトを配布した。一軒一軒のドアフォンを押しトラクトを手渡しで。
その一枚が我が家に届いた。

今年6月長男(14才)、次男(12才)を連れてインドに短期アウトリーチに出かけた。現地の宣教師と協力して、村々を回り大音量で福音を語る。孤児院に行き、サッカーをしたり賛美を歌い共に時間を過ごした。福音の力を目のあたりにした長男と次男の心に大きな変化が起こった。「この福音を伝えるために、生きる。」

子どもたちと時々、トラクト配布に出かける。駅前で配っている時は、ほとんどの人が受け取ってくれない。ポスティングをしても、まったく反響がない時も多々ある。しかし、いつも私の原点を思い出す。
一枚のトラクトが我が家に奇跡を起こした。
もし、あの時、一枚のトラクトが我が家に届けられていなければ、・・・

我が家に起こった、奇跡は今も続いている。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/11/26 21:09

ピンポン連打事件!!

終電で、家に帰り、風呂に入り一人で食事。

最近のパターンだが・・・

しかし、食事の後はいつもと、違った。時計を見ると夜中に2時近くに。

ピンポーン

ロイもやたら吠えている。

(お、お客さんだ。)こんな夜中にお客さんとは。

「はい、」
「村井いるか?」
「は、どちらさまですか?」
「鈴木だ。」

「村井さんはいませんよ。」

(なんだ、ただの間違いか・・・)って誰だ村井って。

鈴木さんは、懐中電灯で家の中を照らしながら、様子を見ている。

(なんか、用かな?)こら、勝手に人の家の中を懐中電灯で照らすな。

と、とりあえず、帰っていった。でもなんか、怪しい。ロイもやたら吠えている。

すると、今度は、車で誰かが。

ピンポーン、ピンポーン、ピンポーン、ピンポーン、ピンポーン、ピンポーン、ピンポーン、ピンポーン、ピンポーン、
(ピンポン連打か?やるな。)って、これじゃ近所迷惑だよ。

仕方ないので、門まで出て行く。

「村井がいるのは、分かっている。すぐに出せ?」
「すいません。記念写真、ハイチーズ。ついでに、車のナンバーも」
「こら、撮るな。」
「一応、電話しますね。」

・・・・・
電話、
110 (なんか、緊張するな)

「もしもし、鈴木さんがピンポン押し続けてうるさいので、助けてください。」
「住所は、・・・ですね。」(電話番号で、住所も名前もすぐに分かるみたいだ。さすが)
「今、そちらに向かっていますので。」

電話を切ると、また、ピンポン連打。

で、玄関を開けると、・・・・・

鈴木さんが歯を磨きながら玄関の前まで。(不法侵入だぞ)

「ちょっと、あがらせてもらうよ。村井がいるのは、わかっているんだ」
「すいません。みんな、寝ているので、」
「なんで、かくまう。」
「村井さんですか? 何かの間違いだと思うんですけど。」

******   な会話5分くらい・・・・

そこに、パトカーと一台、自転車3台で、おまわりさん登場。

すぐに、取調べ。そして、30分くらい、鈴木さんと話をして警察に・・・・

で結局寝たのは4時ぐらい。なんともお騒がせな青年だ。

DSCN0971.jpg

歯磨き中の鈴木青年。車で、夜中の2時過ぎに訪問しピンポン連打。
一応、顔はぼかしてあります。




出来事 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2010/11/26 11:05

不思議な事

今日、会社に稲葉さんがサポートスクールの打ち合わせとビデオ編集のため午後2時過ぎ来られた。

「不思議な事が、あったんですよ。近くの公園で、鉄棒でケンスイしていたら『稲葉さんですよね。サマーキャンプでお世話になった、Mです。』って声掛けられたんですよ。」
(ケンスイをしてから打ち合わせに来る、稲葉さんが一番ふしぎだが・・・)

しばらくして、Mさんとお子さんがアークを訪ねて来られた。

ホームスクールを考えていたようだが、こんな近くでサポートスクールが始まるなんてビックリと話して下さった。

そして、そのすぐ後、Iさんも来られ、いよいよ来年からホームスクールを始めますと話して下さった。すでに、サポートスクールに申し込んでくださっている。

最近、不思議な事が次から次に起こる。少し、畏れを感じる。



私たちの主、主よ。あなたの御名は全地にわたり、なんと力強いことでしょう。あなたはご威光を天に置かれました。
あなたは幼子と乳飲み子たちの口によって、力を打ち建てられました。それは、あなたに敵対する者のため、敵と復讐する者とをしずめるためでした。
あなたの指のわざである天を見、あなたが整えられた月や星を見ますのに、
人とは、何者なのでしょう。あなたがこれを心に留められるとは。人の子とは、何者なのでしょう。あなたがこれを顧みられるとは。

出来事 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/11/25 23:32

絵画展

親戚の吉田さんが絵画展に招待してくださった。趣味で日本画を書き続けている。

20112401.jpg


その後、吉田さんが私を含め5人を食事会に。

そこに、元NHKプロデューサーの斉藤陽一さんもいた。日曜美術館や英会話のプロデュースをしてこられた方だ。
いきなり吉田さんから
「この人、クリスチャンなのよ。私も、教会に誘われて行ったことあるけど。天国とか地獄とか・・・、いい人もキリスト信じないと地獄行くとか。よくわかんないのよ。十分の一献金とかで結局、教会もお金目的でしょ。」

ここは、何とか神様の愛を伝えなければと、少し空回りしてしまい、・・・
「でも、この家族はほんと幸せなのよ。信仰のおかげね。」と逆に吉田さんにフォローしていただいた。
その後、斉藤さんがゴッホの話からゴッホの信仰について、西洋の画家を語るときキリスト教はものすごい影響を与えていることなど解説していただきその見識の深さの前に沈黙してしまった。

イエス様の愛をこれから伝えていくときに、多くのことをまだまだ、学ばなければと思わされた。

純潔と知識と、寛容と親切と、聖霊と偽りのない愛と、真理のことばと神の力とにより、また、左右の手に持っている義の武器により、どんな人にもいつでも福音を語る準備をしておかなければ・・・

20112402.jpg
イサクの写真も、イサク、麻布十番でデビュー!!

ひとり言 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/11/25 10:31

フットサル

11月23日、ジーザスファミリー企画のフットサル大会に。

今回は、トシヤ、サムエル、ミッシェル、タクミ、ツバサ、ユウシの中学生チームで参加。

参加12チーム、(教会チーム、高校生クラブチーム、一般クラブチームなど、ハイレベル)

20101123_2004.jpg
開会式
「楽しい、フットサル大会にしましょう。熱くならないように!!」

20101123_2005.jpg
「優勝するぞ!」

20101123_2006.jpg
20101123_2007.jpg
気合十分。
20101123_2008.jpg

しかし・・・
20101123_2009.jpg

相手は本気の大人だった・・・ 7対1で惨敗。

20101123_2010.jpg

20101123_2011.jpg

20101123_2012.jpg

20101123_2013.jpg

20101123_2014.jpg

大使、将来に備え、中学生と特訓。

20101123_2016.jpg

20101123_2017.jpg

20101123_2018.jpg

結局、対戦成績 1勝5敗

20101123_2019.jpg
大和カルバリチームと記念撮影。

20101123_2020.jpg

20101123_2021.jpg

一生懸命、走り回った一日でした。

得点、トシヤ5点、ユウシ1点。

シュミレーション ツバサ1回(あれだけ、「熱くならないように」と忠告されていたが、完全に真っ赤()に・・・(汗)
サポート・スクールでもスポーツに取り組めたらと考えながら。


肉体の鍛練もいくらかは有益ですが、今のいのちと未来のいのちが約束されている敬虔は、すべてに有益です。
子供 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/11/24 07:49

チア・サポート・スクール

来年の4月から、ホームスクーラーのサポートスクールの開校が決定。

白馬でも発表したので、もう後には引けない状態に。

三浦雄一郎さんが数々の偉業を成し遂げてきたその秘訣をビデオで語ってくださった。
「死ぬ気でやれば、命を惜しんでいたら、・・・」

今、ひとつの目標が与えられた。ホームスクーラーをサポートする。
そして、ホームスクールで育った子どもたちが、「世の光、地の塩」として全世界に出て行く。

「だれでもわたしについて来たいと思うなら、自分を捨て、自分の十字架を負い、そしてわたしについて来なさい。
いのちを救おうと思う者はそれを失い、わたしのためにいのちを失う者は、それを見いだすのです。
人は、たとい全世界を手に入れても、まことのいのちを損じたら、何の得がありましょう。そのいのちを買い戻すのには、人はいったい何を差し出せばよいでしょう。」





未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/11/22 10:16

チアにっぽん白馬セミナー

今年は、翼、勇士、汀そして私がチアにっぽん白馬セミナーに参加した。
ユリと大使は自宅でお休み。
できれば、白馬から、報告したかったが、ネットがつながらず、断念。

今回、ティーンズについての講演、また自由時間にティーンズを持つ親同士で話し合いがもてたことが大きな収穫だった。

また、機会があれば、詳細を報告したいが・・・明日からまたものすごく忙しくなりそうな予感。

翼と勇士は白馬は天国のように楽しかったようだ。
家族 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/11/22 01:16

結婚記念日

11月12日は、16回目の結婚記念日、

近くのイタリアレストランで久しぶりに2人でディナー。
20101112_1954.jpg

20101112_1955.jpg
レストランテおおさわ、予約は6時30分に
 
予定では、5時過ぎに家に帰り、のんびり出発の予定が・・

仕事をどたばたで終わらせ家に着いたのは6時15分ぐらい。

で、子どもたちを残してユリと二人で出発。

大使も、ぐずることなく脱出成功。

20101112_1956.jpg

料理の味は、値段の割にはそこそこ。でも、量はたっぷり。サービスは、満点。

久しぶりに二人きりでゆっくり夕食ができたので、大満足。

20101112_1958.jpg
予約で、結婚記念日と言ってあったので、チョコでイタリア語で結婚記念日(たぶん)。

デザートとコーヒーは、おいしかった。

主は、ご自身の民に力をお与えになる。主は、平安をもって、ご自身の民を祝福される。
夫婦 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2010/11/13 17:06

運動会

11月6日は、流山で運動会。
毎年、渡辺軍団が主催して忙しい中、開催してくれている。

今年は、じょうくんはなちゃんが企画運営。

20101106_730.jpg

20101106_731.jpg

20101106_732.jpg

20101106_733.jpg

20101106_734.jpg

20101106_735.jpg

20101106_736.jpg

20101106_737.jpg

20101106_1931.jpg

20101106_1932.jpg

20101106_1933.jpg

20101106_1934.jpg

20101106_1935.jpg

20101106_1936.jpg

20101106_1937.jpg

20101106_1938.jpg

20101106_1939.jpg

20101106_1940.jpg

20101106_1941.jpg

20101106_1942.jpg

20101106_1943.jpg

20101106_1944.jpg

20101106_1945.jpg

20101106_1946.jpg

20101106_1947.jpg

20101106_1948.jpg

20101106_1950.jpg

20101106_1951.jpg

20101106_1952.jpg

20101106_1949.jpg

20101106_1953.jpg
真っ暗になるまで、元気に走りまわっていた。
ひとり言 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/11/11 10:18

星と森と絵本の家

11月3日、近所の三輪さんが三鷹天文台の中にある星と森と絵本の家で「どんぐり工作」の会を開いてくださった。

20101103_705.jpg
大使バスに大興奮
20101103_706.jpg
バス大好きな大使
20101103_707.jpg
そして天文台に。以下説明省略
20101103_708.jpg

20101103_709.jpg

20101103_710.jpg

20101103_711.jpg

20101103_712.jpg

20101103_713.jpg

20101103_714.jpg

20101103_715.jpg

20101103_716.jpg

20101103_717.jpg

20101103_718.jpg

20101103_719.jpg

20101103_720.jpg

20101103_721.jpg

20101103_722.jpg

20101103_723.jpg

20101103_726.jpg

20101103_727.jpg

20101103_728.jpg

20101103_729.jpg

「三輪さん、そして、どんぐり先生ありがとうございました。」
子供 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/11/05 11:31

サポートスクールに向けて

20101102_1392.jpg

11月2日、朝7時に、稲葉さんとチアスタッフそしてアークアカデミーの事務、まなちゃんと仙台に向け出発。

東北自動車道に入ると虹が・・・
「主がこの旅行を祝福してくださってるんだね。」
と大盛り上がり。

到着後、グレープシティースタッフと夕方まで打ち合わせ。
みんな、真剣。細かい点まで想定し検討。

20101102_702.jpg

その後、吉村さんの案内で明泉のフレンドクラスの見学。

グレープシードを使っての英語教室。

20101102_703.jpg

20101102_704.jpg

帰りの車の中でも、稲葉さんとサポートスクールについて話しながら。

夢が広がりワクワクしながら、家に着いたのは2時過ぎ。

ホームスクールをサポート、
主に心から仕える家族との協力体制
そして全世界に福音を携えて出て行ける若者を育て、送り出すために。

とにかく、第一歩は踏み出した感じ。
出来事 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/11/04 10:23

Beyond Christianity

先週、金曜日、VIPクラブ代表の市村さんの家に招待された。

John Ridgwayさんに初めてお会いできた。

20101029_683.jpg
ソファ右側の白髪の紳士がJohn Ridgwayさん

市村さんから何回か、John Ridgwayさんのお話を聞いていたので、楽しみにしていた。

第一印象は、ものすごくソフト、ジェントルマン、背の高さは185ぐらい。

John Ridgwayさんは、イスラム圏、ヒンズー圏で宣教している宣教師であり学者だ。

食事の後、静かにイスラム圏、ヒンズー圏での宣教について話してくださった。

要約

1.神の国 Kingdom of God

日本に「賀川豊彦」という伝道者がいた。彼は、日本に神の国を実現するために生涯を捧げた。
「神戸、貧困地域での伝道」「労働者のための働き」「政治、経済会にも友愛の精神が必要」などなど、

イエス様は、福音書の中で「教会」について2回、神の国に関することは100回以上語られている
聖書マタイの福音書に
16:15 イエスは彼らに言われた。「あなたがたは、わたしをだれだと言いますか。」
16:16 シモン・ペテロが答えて言った。「あなたは、生ける神の御子キリストです。」

この箇所から教会は、一人の人の告白によって始まることが明らかにされている。

教会は建物でなく、イエスを信じる神の子、つまり神の主権を認めることから始まる。


2.初めに生まれること First Born

使徒 17:26 神は、ひとりの人からすべての国の人々を造り出して、地の全面に住まわせ、それぞれに決められた時代と、その住まいの境界とをお定めになりました。

すべての人は神様の計画の中生まれてくる。どの国に生まれてくるか、どの文化、家族に生まれてくるかは、神様の主権の中にある。
そして、そのことをすべての人は、誇りに思わなければならない。
誰一人として、神様の計画外に、生まれてくる人はいない。
その文化も、状況も、家族も神様はご存知だ。

・・・・しまった打ち合わせに遅れる。今はここまで。続きは後で。

で、ここからが本題なのだが・・・明日以降に更新予定。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/11/01 12:02
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。