イーストウィンドミニストリーズ

昨晩、大阪の忍ヶ丘教会と協力し大阪で救援物資を調達後、東京の福田先生に渡すことができた。

イーストウィンドミニストリーズ 代表の福田先生にいくつかのことをきいた。

--------------------------
震災の翌日、現場に12時間かけて到着。

何をすればいいか祈りつつ、県庁に。

県庁から、緊急支援の要請を受け、避難所に行き、援助活動に。

2回、東京に戻り、救援物資を調達し、今回3回目の被災地に今朝出発。

現状は、被災者に物資が届いていない。特に、自宅で避難している人、分断されている避難所に届かないようだ。

物資は、県庁にかなり届きだしているが、そこからの配給が難航している。

やはり、道路の問題、燃料の問題が深刻。

地元の教会とも協力し、配布開始。

長期化に備え、今後、現地以外の教会とも協力関係を作れればとのこと。

--------------------------

福田先生と別れ、帰りの車の中でいくつかのことを考えた。

被災者の方を受け入れること。(各地の教会と協力できれば。)
現場の情報収集。
ボランティアの派遣。(今、福田先生が、ボランティアの受け入れ先を探している。)

原発からも目が離せないが・・・

祈りつつ



スポンサーサイト



ひとり言 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/03/19 12:09
 | HOME |