スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

大使とプールに

スポーツデーの日に、大使とみー、はんな、ちなつとアクアブルーという室内プールに遊びに行った。
流れるプール、大滑り台、子どもプールから競泳用のプール、おまけにお風呂プール、サウナまであり、公営プールなので価格もリーゾナブル!

大使は、昨年プールで浮き袋から落ちて、プールを少し怖がっているが、楽しんでいる。

今回は、初ゴーグル。写真撮るの忘れた。(大うけだった)

結局、足の届かないところでは、ずっと抱っこ。ゴーグルも一度も水の中に入ることはなかったが、大使を抱っこして、流れるプール、競泳用プールと歩き回っていたので、いい運動になったが、
帰りに、コンビニで甘い甘い「タピオカ入りココナツミルク」を飲んでしまったので、消費したカロリーはすべて取り戻して、おなかに貯蔵してしまったかも(汗)。
スポンサーサイト
子供 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/05/31 11:33

スポーツデー、雨で中止に。

残念。みんな楽しみにしていた、スポーツデーが雨で中止に・・・

大変な準備をしてくださっていた、渡辺ファミリーとその仲間たちには本当に感謝しつつ。

子どもたちも、前日から眠れないくらい興奮していたが。

終電で家に帰ると、翼がむくっと起き上がった。

「ムニャムニャ、もう出発する??」

「今、夜中だよ。」

「そう、」と言ってまたベットに。

「雨が降っても決行するぞ。」と主催者ではないが張り切っていたので、子どもたちも雨でもやる気満々だった。

次回を期待しつつ。。。渡辺軍団の皆様よろしくお願いします。

それにしても、翼がゾンビのように起き上がってきたときは、少しビビった。
子供 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/05/30 20:14

パワーフォーリビング

今日、パワーフォーリビングの日本の代表をされた尾山謙仁先生、キャンパスクルセードアジア地区代表のウェンコンさん、アルファーコースのアンディーさんと夕食をした。兄の洋二と。

尾山先生から、パワーフォーリビングの時のすさまじい証を聞いた。

まず、クリスチャンから批判されていたこと、マスコミからのバッシング、パパラッチによる出演者への攻撃・・・。その後、披露困憊し無気力になり、どんどん落ち込んでいったこと。

しかし、「これで終わりだ。」と思った時、奇跡が始まった。次から次へと冊子の注文が入り、最終的には300万部以上を配布できたそうだ。

新しいことを始めることは、リスクがある。また理解されない場合もある。しかし、主から出たことは必ず成る。

さて、次の展開は・・・主に期待しつつ。
ひとり言 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/05/27 23:59

嬉しい差し入れ

会社で、パソコンに向かって仕事をしていると、英会話の受付のKさんが焼きたてのパンを差し入れてくれた。

さりげなく、「パン屋さんの前を通ったら焼き立てだったので・・・」

まだ、ホカホカで一口食べると、優しさを感じた。

Kさんの優しさだ。

すばらしいスタッフに囲まれて、幸せな職場だ。
ひとり言 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/05/27 01:53

将来の夢は、パティシエ

「やばい!!、ミーとの約束が・・・、早く帰らないと」

つい、仕事に没頭し、ミーとの約束を忘れるところ。

朝から、はりきってパティシエ教室に行って、夜には一緒に食べることになっていた。

「将来の夢は、パティシエです。」先日、チア・サポート・スクールで発表していたが、夢に一歩前進。

しかし、会社で時計を見ると9時前。あわてて帰る準備をして、電車に飛び乗った。

「起きてるかな?」

家に着くと、電気が点いていた。「セーフ」

「勉強して、待ってたよ!」

一緒には食べれなかったが、ミーと話しながら食べることができた。

ゆーしが紅茶も入れてくれ、のんびり、チョコレートケーキを。

「うまい!」

110524_1125~01
子供 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2011/05/24 22:34

ボランティア申し込み

今回も、多くの方から、ボランティアの申し込みが来ている。
あえて、大変なところに、ボランティアのために、ささげるために出ていく人がこんなにいたとは、大きな驚きだ。
この大震災を通して底力を感じる。そして、大きな計画があること確信した。
ひとり言 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/05/24 18:27

ボランティア感想文、チアのホームページにアップしました

一人ひとりが、自分の感想を素直に書いてくれています。

自分の目で、被災地を見ること、被災された方の気持ちを考えること、そして助けること、与えることの大切さを実感したようです。

http://www.cheajapan.com/info-12.html
出来事 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/05/24 16:48

本質を考える

今回の震災を通して多くのことを考えさせられている。
原発の問題、復興、ボランティア、・・・

表面的な問題解決でなく、根本的な解決が今問われている。

原発問題も、反対、賛成を繰り返すのではなく、そこに何か私たち日本人が追い求めてきたライフスタイル自体に問題があるのではないか?

物質的な豊かさ、安心安全な生活、快適で楽なシステム・・・

被災地に行き、私の中でも大きく価値観が変わったことがある。

「私は、神様に生かされていた。」

自分で得たと思っていたもの、築いてきたと思っていたものも、すべては、神様から預けられているものだ。

時間、才能、資産それらのもを守ることではなく、与えること。これからの課題だ。

自分の命さえも私たちに与えてくださった方を模範にして。
ひとり言 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/05/20 10:02

次回は6月13日から

チアにっぽん第4回めの被災地ボランティアが!次回は6月13日から。

v0613.jpg
出来事 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/05/20 09:34

石巻 その2 ヘドロとの格闘

001_20110514011747.jpg
ヘドロとり開始!

002_20110514011746.jpg
まずは、

003_20110514011746.jpg
そして

004_20110514011746.jpg

005_20110514011746.jpg
ヘドロの池に途方にくれそうに。

007_20110514012024.jpg
しかし
008_20110514012024.jpg

009_20110514012024.jpg

010.jpg

夕方まで、ヘドロかきは続いた。

しかし、みな心からそしていやいやではなく、喜びをもってボランティアに取り組んだ。

不思議だ…

「初めは、どろがはねただけで、『キャー』と叫んでしまったけど、最後には泥の中に入って、泥かきができた。」

「泥の中に一歩踏み出したら、神様が力をくれた感じがした。その後は、僕の苦手な強烈な臭いも気にならなくなった。」

「泥かきをしながら、この家のおじいちゃんといろいろな話ができて楽しかった。」

帰りには、私たちが見えなくなるまで、ご家族総出で見送ってくださった。

まだまだ、被災地には必要が山ほどある。

今回、23名のボランティアチームでできたことは、ほんのわずかだ。しかし、始め稲葉氏と二人で来た時の100倍ぐらいの力にはなっていたような感じがした。

若い彼らが踏み出した一歩は、決して小さな一歩ではないと思う。
ひとり言 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/05/14 01:29

石巻ボランティア その1

今日は、石巻に支援物資の配給とボランティア。今日行った地域は半壊の家が多く、難しい選択を迫られている。
001_20110512234808.jpg

002_20110512234808.jpg
まず、サマリタンパースに。鍋セット、生活用品セットなど、次に日本飢餓対策機構では、生鮮食品などを分けていただき、石巻に。前回ほどの交通渋滞はなかったが、仙台から二時間ほどかかった。

みんなバケツリレーもチームワーク、ばっちり!


003_20110512234807.jpg
今回、また、家のかたず家を手伝わせていただく、高橋さんに今回は前もって稲葉さんか連絡し、近所の方に連絡していただいていたので、チアからも用意した、食糧費、スコップ、長靴、バケツ、洋服類、おむつなどあっという間に、サマリタンの鍋セット、日本飢餓対策の生鮮食料品もものすごく喜んでいただいた。

そして、ボランティアに・・・

とにかくすごかった。また、みんなヘドロまみれになりながらでもかなりきつい仕事だったが楽しみながら頑張っていた。

この続きは、東京に戻ってから。
出来事 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/05/12 23:59

大船渡、釜石 ボランティア

奇しくも今日は震災から2か月目。

001.jpg
チアのオフィースでの支援物資の積み込み(昨日の写真)

002.jpg
日本飢餓対策での積み込み(昨日の写真2)

0011.jpg
ここから今日。
大船渡教会で、朝の礼拝後、教会の隣の家の庭の整備、
がら袋 20袋分の泥と、ごみが。(腐った魚の臭いは強烈だった・・・)

003.jpg
釜石で前回と同じ場所で支援物資の配布。おなじみに。

その後、町内会長さんにお手伝いをお願いすると、意外な答えが・・・
「皿洗い手伝ってください。」

「はい、これだけの人数なので、直ぐに終わられます。」

ところが・・・・

泥だらけのお皿や、鍋、フライパン、がやまほど。

004.jpg
自然と持ち場が決定。

006.jpg
まず、泥おとし。

009.jpg
次に、とりあえずきれいに。

007.jpg
洗剤で

008.jpg
最後にふきとり。

005.jpg

11時前から初めて、終わったのは2時半。

その時、サイレンが鳴り響いた。
震災からちょうど2か月。皆で黙とうをささげた。

釜石を後に、被災地を通り仙台についたのは8時すぎ。

また、グレープシティーにお世話になることに。

明日は、石巻の予定。


今回、参加してくれた友人の勇二さんが車で

「若いときに、こんな体験ができるのはとても意味のあることだね。」

確かに、人々の痛みを感じ、そして仕えることができるのは、ものすごく貴重な体験だ。
出来事 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/05/11 23:26

大船渡に再び

今回は、23人のボランティアチームで来ている。今朝、7時すぎに家を出て、チアのオフィースに集合。
2トントラックをレンタルし、勇二さんに運転してもらい、支援物資を満載にし、マイクロバスは満席の状態で到着。
明日は、釜石に支援物資を届け、ボランティアの予定。

途中、陸前高田市を通ったが、前回来た時よりもかなり整備されてきたが、大船渡の町は前回とさほどかわりがなかった。

ボランティアチームは、ホームスクーラーの青少年が多く参加してくれた。
出来事 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/05/10 21:55

あと一歩

先日、稲葉氏がチアサポートスクールで話をしてくださった。

高校時代、野球部での特訓の日々、大学時代の救いの話。

その中で、特に印象に残っている言葉がある。

「限界だと思ったとき、あと一歩踏み出すこと。後ろのものを振り返らず、前向きに生きよう!!」

あと一歩、この言葉がわたしの心の中で繰り返されている。
ひとり言 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/05/08 00:43
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。