南相馬市原町中央産婦人科に

0324011.jpg

昨晩は、宮城県丸森市にある啓明小学校に一泊させていただいた。

0324012.jpg

朝、元校長大田先生と相談。南相馬市にある先生の知り合いの原田市中央産婦人科の高橋先生と連絡がとれた。

0324030.jpg

免許証、行き場所の確認後、いよいよ30K圏内に。

0324015.jpg

0324032.jpg

まるでゴーストタウンのようにシーンと静まり返る街中に自衛隊のトラックが見回りをしている。

0324035.jpg

病院に到着

0324040.jpg

物資の搬入。高橋先生の奥様もとても喜んでくださった。

0324050.jpg

高橋先生と少しお話しすることができた。

0324055.jpg

「最後の一人になるまで、この病院で診察を続けます。スタッフも数名、私と残ってくれました。この病院がどんな状態にあろうとも、いつもどおりに診察をする事により、一人でも助けになれば。」

病院には、数名の患者さんが先生の診察を待っていた。全く何事もないように、いつもどおりの呼び出し、診察を淡々とこなしていく、高橋先生とスタッフに残された町の人も勇気付けられている。

その後、相馬市へと向かう。

0324060.jpg

送電線も倒れているが、30K圏内なのかまったく復旧作業が行われていない。

0324070.jpg

海岸沿いの町の中では、遺体確認が行われていた。

0324080.jpg

道路の脇に流されてきた船。

0324090.jpg

瓦礫と化した町並み。

0324100.jpg

停止した火力発電所。

0324110.jpg

ダンプカーが何台も重なりあいつぶされている。

0324010.jpg

啓明小学校の近くを朝歩きながら祈っていると、朝日が昇ってきた。

「わたしの名を恐れるあなたがたには、義の太陽が上り、その翼には、癒しがある。」(マラキ4:2)

この大惨事の前に、人の無力さを感じる。主の前に悔い改め立ち返り、主を恐れること。

子供 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/03/25 04:15
コメント

管理者のみに表示