スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

チア・コンベンション

先週、金曜日、土曜日と代々木オリンピックセンターでチアのコンベンションに家族で参加した。

多くの方とお話し、アドバイスをいただいた。その中で特に私の心に残っていることは、

「神を恐れること」

「神の愛」については、よく語るが、「神を恐れること」についてはあまり語っていなかった。

「神の祝福」については、大好きだが、「神の裁き」については耳をふさぎたくなる。

子育ての大切なポイントのひとつ、それが「神を恐れる」ことを子どもたちに教えることだ。

本当に神を恐れる者は、

「裏表がなく正直に生きることができる。」

「人を恐れるのではなく、真理に生きることができる。」

「パフォーマンスではなく、人を愛することができる。」


「今、あなたがたは主を恐れ、誠実と真実をもって主に仕えなさい。あなたがたの先祖たちが川の向こう、およびエジプトで仕えた神々を除き去り、主に仕えなさい。
もしも主に仕えることがあなたがたの気に入らないなら、川の向こうにいたあなたがたの先祖たちが仕えた神々でも、今あなたがたが住んでいる地のエモリ人の神々でも、あなたがたが仕えようと思うものを、どれでも、きょう選ぶがよい。私と私の家とは、主に仕える。」(ヨシュア記24:14-15)





ひとり言 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/06/05 13:42
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。