スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

東京に

1日、夕方東京出発、夜中に大阪に。
2日、つー、ゆー、三宮で看板伝道。
3日、とらおじさんの家で新年会
4日、つー、ゆー難波で看板伝道。
   みー、たーは、A家の子どもたちとあかり様とボーリング。
   なんと、たいし、ストライク1回で103、みーは78。
   夜は、ユリの友達二人が遊びに来てくれた。夕食後、夜中まで話していた。
5日、F家と昼食は、猪鍋。昼過ぎに大阪出発、夜中に東京に。

こうして、家族そろってお正月を過ごせるのも、後何年あることか?



ヨハネの福音書 1章1~12節


初めに、ことばがあった。ことばは神とともにあった。ことばは神であった。

この方は、初めに神とともにおられた。

すべてのものは、この方によって造られた。造られたもので、この方によらずにできたものは一つもない。

この方にいのちがあった。このいのちは人の光であった。

光はやみの中に輝いている。やみはこれに打ち勝たなかった。

神から遣わされたヨハネという人が現われた。

この人はあかしのために来た。光についてあかしするためであり、すべての人が彼によって信じるためである。

彼は光ではなかった。ただ光についてあかしするために来たのである。

すべての人を照らすそのまことの光が世に来ようとしていた。

この方はもとから世におられ、世はこの方によって造られたのに、世はこの方を知らなかった。

この方はご自分のくにに来られたのに、ご自分の民は受け入れなかった。

しかし、この方を受け入れた人々、すなわち、その名を信じた人々には、神の子どもとされる特権をお与えになった。



このイエスの生涯を中川健一牧師がわかりやすく解説している。もちろん無料

ハーベストタイム
http://harvesttime.tv/message-station/audio/messiah/
家族 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/01/06 01:42
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。